黒髪スカルプの全成分が本当に無添加なのか調べてみた

黒髪スカルプの全成分は、↓

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、プロパンジオール、
ココイルメチルアラニンNa、ココイルグルシンK、セロリ種子エキス、乳酸桿菌/マテチャ
葉発酵液、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、クエン酸トリエチル、サピンヅスホリアツス果実エキス、トコフェロール、ホップエキス、オオムギ発酵エキス、豆乳発酵液、ワカメエキス、アカモクエキス、スイカズラ花エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン
、マテチャ葉エキス、カボス果汁、アサイヤシ果実エキス、グアバ果実エキス、
コーヒー種子エキス、ビワ葉エキス、アセチルテトラペプチド-3、
アカツメクサ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、センキュウ根茎エキス、
リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキス、
カミツレ花エキス、ブッソウゲ花エキス、ヘマチン、海塩、グルタミン酸Na、グリシン、
アラニン、水添ホスファチジルコリン、ダイズステロール、ポリクオタニウム-10、
カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、
BG、エタノール、キサンタンガム、レシチン、デキストラン、シリカ、レモン果皮油、
アオモジ果実油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、イランイラン花油、ライム油、
カプリリルグリコール


※BG、エタノールは植物由来を配合。



全成分の中で、危険な成分は本当に含まれていませんでした。
しかし、人によっては一部アレルギー反応が出るものがあるので以下に示しておきます。




コカミドDEA


一般化粧品での使用の場合はアレルギーはほとんど起こらないが、職業的にコカミドDEAに日々皮膚をさらす場合は皮膚感作を発症する可能性があります。
化粧品として使用する場合は問題視されていないですが、気になるかたはご使用をお控えください。



ココイルグルシンK


泡立ちのいい洗浄成分の中では低刺激の部類ですが、

・皮膚の弱い方
・ふけ、かゆみ、匂いが気になる方
・髪の毛のパサつきが気になる方

にはおすすめできません。



豆乳発酵液


安全だが大豆アレルギーがある場合は要注意です。



ワカメエキス


”食品である海藻類から抽出したエキスのため安全性が高いと
思われるが、抽出溶剤、毒性等のデーターが現在見つかっていません。”
(引用)https://izu-koubou.com/saccharina-angustata-undaria-pinnatifida-extract/#keni-toc4



カミツレ花エキス


キク科アレルギーがある場合は要注意です。





以上、黒髪スカルプの全成分を調べてみましたが、実際に植物由来の成分を使用していることがわかりました。




黒髪スカルプの気になる有用成分は?

ヘマチン


ヘマチンは、

・傷んだ髪の毛の修復
・育毛効果
・白髪予防
・紫外線などによる活性酸素の予防

が期待できます。
ヘマチンはもともとカラーリングの色を保つための後処理として使われていたので、
危険性もなく、安心して使用できます。


キャピキシル


キャピキシルとは、アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスの総称のことで、
育毛効果が期待できます。
育毛剤の有用成分として有名な「ミノキシジル」の3倍の育毛効果があるといわれています。




出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

こちらは髪の毛の成長活性度を表したグラフで、
何も加えていないものに対して、ミノキシジルは52%
アセチルテトラペプチド-3は156%活性度が高いことが分かります。
この活性度の数値が52%⇒156%と3倍の値になっています。



リンゴ果実培養細胞エキス


リンゴ果実培養歳増エキスとは、「奇跡のリンゴ」として世界中から大注目されている成分で

・肌のターンオーバーを正常にする
・肌質・ハリ・くすみ・シワの改善
・保水力を上げる
・外部刺激(紫外線など)から肌細胞を守る
・肌細胞の寿命をのばし老化を遅らせる

などの様々な美容効果があります。
リンゴ果実培養細胞エキスのアンチエイジング効果によって頭皮環境の若返りが期待できるため、育毛にもいい影響があります。